展示会のヒケツ

展示会とは

ブースと展示会 展示会におけるブースの役割は、「集客」です。そのため、当然のことながら展示会を訪れる人が魅力を感じ、入りたくなるようなブースを制作しなければなりません。魅力的なブースを制作する上で大切なことは「どんな顧客」を「どのように呼び込むか」を企画し、その企画に最適なブースデザインにすることです。例えば、自社の商品に関する説明をじっくり聞いてもらい、そこから新規顧客を獲得するというのなら、ブース内にイスを並べて教室風に仕上げてみてはいかがでしょうか。自分たちがターゲットとしている客層の心をつかみやすいブースを制作することで、新規顧客を獲得できる機会を増やします。

しかし、このような展示会で顧客を引き付けるブースを制作するためには、事前の下準備が非常に重要になります。それこそ、いい加減な下準備では「出展したけど、ほとんど成果を得られなかった」ということにもなりかねません。展示会は千載一遇のチャンスですので、しっかりとした企画を練って成果が出せるようにしましょう。

ブース制作において

ブースと展示会 ブース制作において、「集客」以外に気をつけなくてはならない点があります。それは、「制作コスト」です。いくら集客のためとはいえ、ブースに高いコストをかけては意味がありません。ブースを設計する段階から常にコストを意識し、できる限り低コストで仕上げるようにしましょう。そのためには従来型の木工造作に代えて組み立て式のディスプレイシステムの導入を検討するのもひとつです。このシステムは廃材を出さないため、コストの削減だけではなく、自然環境保護につながる点も押さえておきましょう。

展示会とは 「東京ゲームショウ」や「東京モーターショー」など、私たちの身の回りでは、年間を通して様々な展示会が開催されています。展示会は、企業が個人顧客や業者向けに新製品の紹介や業界情報を発信するためのイベントです。展示会を開くことにより得られるメリットとしては、一般的には企業のイメージアップや商品PRができるという点が挙げられます。しかし、展示会によるメリットはそれだけではありません。

新規顧客を獲得しやすい

そもそも、展示会に足を運ぶ人というのは、その展示会で紹介している商品に興味のある見込顧客です。つまり、展示会という見込顧客が集まるイベントで自社商品をうまくPRすることができれば、普段の営業活動よりも簡単に新規顧客を獲得できるのです。

自社商品の強みを伝えやすい

展示会で自社商品のディスプレイをすることで、お客様が直に商品を見たり、触れたりすることができます。そのため企業にとって、自社商品の強みやメリットを伝えやすい環境であると言えます。また、お客様にとっても自分に合った商品を見つけやすいのです。

自社商品に関する生の声が得られる

お客様に商品に触れていただくことで、要望や改善点などを直接聞くことができます。こうして展示会で集めた情報を自社商品に反映させることで、品質向上にもつながります。