展示会の効果

展示会の効果 企業は常に様々な形で宣伝・販促活動を行っています。もちろん、展示会への出展も企業の宣伝・販促活動の一環と言えるでしょう。しかし、宣伝・販促活動には展示会以外にも、ノベルティなどの配布やテレビCM、雑誌・Web広告など様々なものが存在します。そこで、こちらのページでは、展示会とその他の宣伝・販促媒体を比較し、得られる宣伝効果の違いをご紹介します。

ノベルティ

企業が自社の認知度を高めるために利用するノベルティ。最近では、企業ごとに個性あふれる様々なノベルティが制作・配布されています。ノベルティは比較的安い制作コストで企業の宣伝ができるので、企業にとっては大変魅力的な販促ツールです。しかし、たいていのノベルティは物品のサイズが小さく、あまり大がかりな宣伝広告を載せることができません。そのため、メッセージ性が乏しくなってしまうのです。当然のことながら、こうしたメッセージ性の乏しさは展示会に出展することで補えます。展示会であれば、お客様が分かりやすい宣伝を大々的に行うことができるのです。

テレビCM

テレビCM 大企業が自社商品を大々的に宣伝する媒体としてテレビCMがあります。確かに、テレビCMでの宣伝は認知度を大幅に高めることができます。しかし、実際にテレビCMを見たお客様が、疑問に感じたことを質問したり、商品を試用したりといったことはできません。テレビCMでは、自分の興味がある商品の情報を間接的にしか知ることができないのです。このようなデメリットも、展示会を開くことで解消できます。展示会であれば、商品のディスプレイを試用できたり、スタッフがお客様の疑問点に丁寧にお答えできます。そのためお客様は、その商品が本当に自分の欲する商品か判断できるのです。

雑誌・Web広告

雑誌やWebでの広告も、企業や商品の認知度を上げるために有効な手段です。特にWeb広告の場合、サイト上で紹介している商品に興味があるお客様を誘導しやすいため、展示会同様、見込顧客を集めることができます。しかし、雑誌やWeb広告はお客様が知ることのできる情報に限りがあります。掲載されている文章だけでは、お客様の商品に対する疑問が解消されないかもしれません。そこで、お客様に企業や商品のことをよく知ってもらうために展示会の開催をお勧めします。展示会にお越しいただくことで、お客様の疑問点を解消でき、新規顧客の獲得や売り上げにもつながるのです。